“目指したのは現代的な日月四季山水図”日本画家・西野正望さんが語るビジュアル制作の舞台裏と創作の共通項

2023年12月27日

9-6_62197_2_trim.png__PID:31a3b29b-bfd3-4cf8-926a-49019b2591fb

文字板に白蝶貝を使用した「M45F7メカニカルムーンフェイズ」は、光の当たり方で多彩な表情を見せる文字板の美しさと、6時位置に搭載したムーンフェイズ機構を特徴とするモデルです。2022年に最初のモデルを発表したところユーザーの皆さんからご好評をいただき、今年2023年には第3作が登場しました。これら3部作の広告ビジュアルを描いてくださったのが、日本画家の西野正望さんです。伝統の美を現代の感性で表現する西野さんに、日本画の魅力、ビジュアル制作の舞台裏、そしてアートと腕時計に共通する力について伺います。

文:with ORIENT STAR 編集部
プロジェクター協力:エプソン販売(EPSON EB-L1405U)

ここに注目すると日本画はもっと面白くなる

「日本画という呼び名が生まれたのは、実は明治以降なんですよ」

日本画の成り立ちについてそう切り出すのは、日本画家の西野正望さんです。西野さんは伝統的な日本画の技法と現代アートを融合した創作活動を行い、また昨年からはオリエントスターの「M45 F7 メカニカルムーンフェイズ」の広告ビジュアルを描いてくださった画家です。

西野さんによると、古来、日本には大和絵や狩野派、琳派や浮世絵など、いろいろな流派や画風がありましたが、江戸時代末期に幕府が倒れて明治維新が起こると、幕府お抱えの狩野派などの絵師たちが職を失い、西洋化が一気に進んで油絵などの西洋美術が入ってきました。そうした状況から日本美術を復興しようと、思想家の岡倉天心とフェノロサが新しい日本美術の立ち上げを行いました。その際に用いられたのが“日本画”というワードだったのです。

「開国後しばらく経ってから西洋の写実画や印象派などの油絵が本格的に日本に入ってきました。すると日本も西洋に負けない絵を描こうという機運が高まって、新しい日本の絵画を模索し始めます。それまでの日本の絵は襖や屏風、扇子や皿、着物など、何かしらに付随するものでした。屏風はインテリアだし、掛け軸も限りなく壁に近いですし、障壁画も壁紙の一種ですよね。それが、油絵が入ってきたことでタブロー、要するに額縁に入れる絵に変わったのです。表現に関しても、それまでの日本の絵は線が魅力だったのですが、その線を一度排除して、ぼかしたような朦朧体(もうろうたい)と揶揄された絵を描き始めます。最初は一般の人々に不評だったのですが、徐々に評価されて日本画というものが認められるようになったのです」

西野正望(にしの・せいぼう)さん。大和絵と水墨画を現代アートして創作を行う日本画家。2022年から2023年にかけて、オリエントスターの「M45 F7 メカニカルムーンフェイズ」の広告ビジュアルの制作を手掛けた

西野さんが主に創作するものの一つは、日本画の中でも大和絵(やまとえ)と呼ばれる分野のもの。1000年以上も前の平安時代から発達した絵画で、日本画の元祖といえるものです。現代に生きる自分が過去に立ち戻り、現代と地続きとしてあり、未来へと続く大和絵の魅力を問い直したいという思いで創作に向き合っているそうです。

「先ほどの線の美しさに加えて、岩絵具も大和絵の大きな魅力です。天然の岩絵具は、まさに地球の歴史そのものなんですよ。天然の土を擦りつぶしたり、天然の岩石を細かく砕いたりして絵具を作りますが、その素材自体がもう、地球の蓄積された時間です。それ自体にパワーが宿るという人もいますし、準宝石の岩石を砕いて作る群青はアズライト、緑青は孔雀石と呼ばれるマラカイトからできていて実際に見てみるとキラキラした粒子の美しいニュアンスがある。天然の岩絵具は準宝石レベルの岩石からそうでない岩石まで供給が不安定なので、巡り合わせといいますか、一期一会のような出会いも面白くて、こんないい石のロットの岩絵具が手に入ったからこんな絵を描こう、という発想で創作することもあります。あとは、金や銀を使うのも大和絵の面白い部分ですよね。西洋では、宗教画などに金箔を貼ることはありますが、日本の絵のように風景画や花の絵に使った例はあまり見ません」

線描と岩絵具の彩色面、そして金銀の箔、支持体の和紙や絹、膠(にわか)などの素材に注目してみると、大和絵の美しさがより実感できるそうです。そしてもう一つ、西野さんが面白いと感じるのが「絵巻」様式です。

「絵巻は物語時間をテーマにした、いわば映画などと同じような時間軸のアート。巻物を開くと、まずは詞書というストーリーがあって、その次にビジュアルというように横にスクロールして鑑賞する。有名なのは『源氏物語絵巻』、あとは皆さんご存じの『鳥獣戯画』もそうですね。漫画やアニメの原点なんて言われています。あと、時間の概念を考えさせられるのが『日月四季山水図屏風』という作品です。六曲一双屏風の一つの絵の中に日本の四季を描いた作品で、春に始まって夏、秋、冬、そしてまた春と、時間がぐるぐると円形に巡っていくんですよ。今は、時間は“流れる”というイメージがありますが、昔の人は“巡る”という概念の方が強かったんじゃないかな。そんなことを考えさせられる作品です」

フェイスを見た瞬間に“大和絵だ”と感じた

その西野さんに対して、オリエントスターが「M45 F7 メカニカルムーンフェイズ」の広告ビジュアルを描いて欲しいというオファーを出したのが2022年のこと。それまで自動車や飲料メーカーのビジュアルを描いた経験はあった西野さんでしたが、腕時計の広告ビジュアルは初めてだったそうです。

「時間はずっと気にしてきたことなので、これは運命的なものかな、貴重な経験になりそうだなと感じました。同時に、時間についてもっと考えなさいと言われているような気もしましたね(笑)」

M45 F7 メカニカルムーンフェイズは、月相を示すムーンフェイズ機構と、ぜんまいの残量を示すパワーリザーブインジケーターを搭載したモデルです。2022年に文字板に真珠母貝(マザー・オブ・パール)を使用した情緒的なモデルを発表し、2023年にはその第3作が登場しました。光の当たり方によってさまざまな表情を見せる文字板とムーンフェイズ機構を見て、西野さんのイメージが一気に広がっていったそうです。

「時計のフェイスを見た瞬間にぴんときたんですよ。文字板のきらきらした感じは水面のようで、その中で月が満月になったり新月になったり、時間が巡っている。月の手前の2つの膨らみは山のように見えてきました。風景みたいな時計だなと思っていたら、ふと、これは大和絵だなと感じたのです。自分がリスペクトする『日月四季山水図』に似たものがあるなと。そこから『日月四季山水図』を現代的に表現するというテーマが生まれたのです」

2023年に第3作として発表した「M45 F7 メカニカルムーンフェイズ」と、西野さんが創作したビジュアル

とりわけ西野さんの好奇心をくすぐったのは、ムーンフェイズ機構だったそうです。

「小さい頃から月や宇宙は大好きで、好きな映画は今でも『2001年宇宙の旅』。大和絵にも月が描かれたものが結構あるので、それで今回も月には妙に惹かれてしまって。今年制作した第3作は、月をだいぶ大きくして、雲がかかっている様子を赤金と青金という2種の金箔で表現しました」


そしてもう一つ、西野さんの創作にインスピレーションを与えたのが、この時計のイメージの源泉となった秋田県の田沢湖です。秋田県はオリエントスターの時計が製造される場所。その地の名景である田沢湖の自然や、湖面に映る月の美しさを真珠母貝の文字板で表現したのがこのモデルです。

「田沢湖には鶴が飛来するという話を聞いて、その情景を絵にしてみたいと思ったのです。鶴のイメージソースとなったのが、俵屋宗達の『鶴下絵三十六歌仙和歌巻』に登場する鶴。羽ばたいていく美しさ、フォルムの美しさがとても素敵なんですよ。上に飛んでいく姿も縁起がいいですし。それを白金泥というプラチナで描きました。先ほどの月も含めて、金や銀、プラチナの箔は見る角度によって光沢に変化が出て面白いなと思って。昔、電気がない時代の人たちは和ろうそくで絵を見ていました。和ろうそくは炎が大きくて、揺らぐ。その揺らぎで絵も揺れるんですよ。月がゆらゆら揺れたり、鶴が動いているように見えたり。そういう昔の情趣も味わってもらえたら本望ですね」

小さい頃から月に惹かれてきた西野さん。機械式時計のムーンフェイズ機構に関しても「この月の部分はどうやって動くんだろう」と疑問に思っていたそう

昨年からトータル3つの作品を描いてくださった西野さん。特に今年の第3作では、大和絵だから表現できることに改めて気づかされたそうです。

「1作目の時は、色みの明るさや色調に少し悩みました。月が出ている夜の光景だから、本来は暗くしなければならないのだけれど、色も出さなきゃならない。背景をどれくらいの暗い色にすれば夜を感じさせられるかという部分で悩みましたね。ただ、第3作は、時計が茶色ベースの渋いデザインだったので、ビジュアルを多少派手にしてもいいかなと思った。結果的に、群青や緑青などの明るい色をパーンと使いつつも、夜を感じてもらえる造形になったと思います。これが写真や西洋画ですと、月の明かりで逆光になるので山はもっと暗くなってしまうのですが、そこに色を出せるのが大和絵ならではだなと感じました。夜を明るく見せようという大和絵の発想は、現代のライトアップやプロジェクションマッピングと通ずるのかな、なんてことも描きながら感じましたね」

 
2022年に発表した2本のモデルの広告ビジュアル。絵具や箔のニュアンスを出し、ビジュアル全体に奥行き感を出すために、意図的に影をつくって撮影した

アートも腕時計も人の心を動かす力がある

平安時代から続く大和絵を現代的な感性で解釈し、使用するのは地球の歴史を宿す岩絵具、そして『日月四季山水図』のような巡る時間を意識する。西野さんの創作には常に時間という概念が共にあるようです。それは創作の根底にあるこんなお考えからも見て取れます。

「ある時、地塗りをしてきれいに整えた紙の上に、誤って墨を1滴垂らしてしまったんです。しょうがないからもっと垂らしてみようと思い、墨とさらに銀泥を加えてどんどん垂らし込んでいたら、だんだんと面白い景色が見えてきた。ちなみに、この墨と銀泥の“垂らし込み”は琳派の技法の一つです。良い感じの沁み(しみ)があれば、消したくても消せない沁みもあって、私は“記憶の沁み”と呼んでいるのですが、良い記憶も悪い記憶も、その沁みの上にまた沁みを重ねてみようと。すると、自分の記憶の沁みの歴史が表れてくる。沁みって一般的にはポジティブに捉えられないけれど、そこに味わいが出てきたり、何とも言えない景色に見えてきたり、あるいはそれを美しく昇華できるのが絵画だなと思っています」

『記憶の沁み』のように、予想外の出来事がきっかけとなって新しい発想が生まれることもあるという
『記憶の沁み』は2003年頃から20年近く描き続けている西野さんの代表シリーズで、水墨画と琳派大和絵技法による作品群。写真の『記憶の沁み,光の沁み,或いは地図〜水景・藍景』(2023)は和紙に本藍とベロ藍で描いた現代アート最新作

良いも悪いも、記憶の沁みを積み重ねていけるもの――。ある意味、機械式時計もまたそんなプロダクトなのかもしれません。定期的なメンテナンスを行えば、数十年と使用できるのが機械式時計の魅力の一つ。使用するほどに愛着が増すという経験は、誰しも身に覚えがあることでしょう。仕事の成功や挫折、人生のイベント、大切な人との時間……など、長い人生のパートナーとして共に歩んで欲しいというのが、オリエントスターの願いの一つです。

「腕時計はそういうプロダクトであってほしいと思いますね。年を経るごとに味わいを増して豊かになっていくような。最近は腕時計を着けていなかったのですが、今回のビジュアル制作を終えて時計は素敵だな、また着けたいなと思うようになりました」

M45 F7 メカニカルムーンフェイズを着用する西野さん。クラシックをベースとしたデザインが、華奢で繊細な手首に調和する

時刻を知るためのタイムツールという役割だけでしたら、現代社会では腕時計は必ずしもマストのツールではありません。アートの世界もまた、これがなければ生活ができないという類の必需品ではないでしょう。それでもアートが必要な理由、求められるわけとは何でしょうか。西野さんのお答えは、これからの腕時計のあり方を示唆するようで興味深いものでした。

「アートは必要ないと言う人もいますが、人間の心に対しては大事だと思います。今、アートが求められるのは、建物が増えて壁が増えたことが大きい。無味乾燥な壁が多いから。味気ない空間を変質させるたった一つの絵、工芸でもいい。そういう力を持ったアートがありますし、自分の絵を置くことで空間が変わってくれたらいいなと思う。昔は自宅に床の間があって、掛け軸、陶芸、生花などで彩って生活を豊かにしていました。腕時計にもそういう役割があるのかなという感じがします。この時計を着けるだけで手元の景色が変わる、気分も変わる、もしかしたらファッションも変わるかもしれない。最終的に届けるのは人ですから、人の心を動かす力があるものが求められるような気がします」

日々の暮らしの中で豊かさを与えてくれた床の間のように、仕事や家事に追われる中でふと息をつき、忙しなさから解放されるひとときを過ごす。田沢湖の名景に着想を得たM45 F7 メカニカルムーンフェイズは、まさにそんな悠然たる時に浸ってほしいという思いを込めた腕時計です。

西野正望(にしの・せいぼう)
日本画家。1962年に埼玉県で生まれ、東京で育つ。1983年グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートし、横尾忠則氏のアシスタントを経験。その後、東京藝大・日本画科へ入学し、日本画を学ぶ。博士課程終了後は個展やグループ展をはじめ、企業広告にアートワークを提供。NHK-BS『極上美の饗宴・シリーズ琳派①華麗なる革命・俵屋宗達〜鶴下絵三十六歌仙和歌巻』にテレビ出演。代表作に、『敦煌莫高窟壁画(第278窟西壁南側菩薩・隋)模写』(1992年・台東区蔵)、『環(記憶の島BALIシリーズ)』(1998年・佐藤美術館蔵)、『記憶の沁み、光の沁み、或いは地図・4部作』(2022年・縦3m×横8mの水墨による現代アート作品)など。現在も多方面で活動を続け、その伝統的日本画技法と現代アートを融合させた作品は高い評価を受ける。




関連商品

M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル

M45

M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0120A 数量限定モデル

¥220,000

(税込)

M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定

M45

M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0114A ストア限定

¥214,500

(税込)

M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定
M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定

M45

M45 F7 メカニカルムーンフェイズ RK-AY0112S ストア限定

¥198,000

(税込)